新着情報

副島潔氏が佐賀県に表彰金の一部を寄付されました

2018.01.26
  112日、当センターの事業デザイン課長である副島潔氏は、陶磁器製造等に関する技術の研究開発に役立ててほしいと、昨年度同氏が大倉和親記念財団から受けられた表彰金の一部474,750円を県に寄付されました。

 副島氏は、平成281130日、セラミックス技術の振興を目的に設立された公益財団法人大倉和親記念財団から、「陶磁器デジタルデザイン技術の開発と普及」により陶磁器製造技術の発展に多大な貢献を行ったことが認められ、表彰を受けられていました。

 副島氏は寄付に当たって「同表彰の趣旨は陶磁器に関する研究を顕彰するためのものであるので、窯業技術センターの研究費として使ってほしい。」という意思を示されました。

 県では、副島氏の意思を尊重し、来年度の当センターの研究開発事業費に贈られた寄付金全額を組み入れることにしています。

ページトップへ
Copyright (C) SAGA CERAMICS RESEARCH LABORATORY. All rights reserved.