新着情報

有田レジデンスデザイナーの制作発表が行われました。

2016.12.06
有田レジデンスデザイナーの制作発表が行われました。

 オランダのデザイナーFloris Wubben(フロリス・ウッベン)氏およびアーティストHenri Jacobs(ヘンリ・ヤコブス)氏の制作発表会が、1124日に有田町の「2016/ 」ショールームにおいて、翌25日に東京都内のデイリープレスにおいてそれぞれ行われました。両氏は、佐賀県とオランダ大使館の連携協定に基づき、9月から3ヶ月間、当センターおよび窯元の支援を受けながら、やきものの制作に取り組まれました。Floris Wubben氏は、陶土工場で受けたインスピレーションをもとに、原料の開発を試みるとともに独自の造形技術を生み出し、「Ceramic Current」というテーマで3つのオブジェを制作されました。また、Henri Jacobs氏は、これまで経験のなかった磁器の材料や伝統的な加飾技法を学ばれ、それらに独自のモチーフを加え、「Arita rococo」というテーマの作品を制作されました。

  両氏の作品は、有田焼のものづくりをベースとしながら、これまでにない独創的な表現方法を加えたものであり、有田焼の新たな可能性を示すものでした。オランダへ帰国後も、両氏の制作活動を通じて、欧州等における有田焼の認知度がさらに向上することを期待しています。

 

ページトップへ
Copyright (C) SAGA CERAMICS RESEARCH LABORATORY. All rights reserved.