新着情報

当センターの吉田秀治副所長が「第69回(平成26年度)日本セラミックス協会功績賞」を受賞しました。

2014.12.10
 吉田副所長は、無鉛フリット、軽量強化磁器等の開発において顕著な成果を上げ、その技術支援業務等を通じて業界の発展に大きく貢献してきたことが評価され、今回の受賞に至りました。
とくに、無鉛フリットの開発では、希土類酸化物添加によりガラスのネットワーク構造を強化した従来にない鉛フリー低融点フリットを発明し、これを応用した耐酸耐候性の高い陶磁器上絵材料を開発しました。この成果は陶磁器業界に広く活用されています。
また、軽量強化磁器の開発では、リン酸アルミニウム等を用いて破壊開始欠点サイズよりも小さな空孔を磁器内に高容量導入する技術を発明し、軽量、低熱伝導、高強度という従来にない軽量強化磁器を開発、現在は航空機食器や病院食器等に広く利用されています。
そのほかにも、天草陶石水簸残渣や泉山陶石の活用技術の開発にも携わり、普及と実用化に尽力した功績が認められました。
(受賞式は平成27年6月の予定。)
ページトップへ
Copyright (C) SAGA CERAMICS RESEARCH LABORATORY. All rights reserved.