沿革

年月 沿革
大正5年5月(1916年) 佐賀県工業技術員有田出張所(有田工業学校内)を設置
(佐賀県 窯業試験場の前身)
昭和3年10月(1928年) 佐賀県窯業試験場として発足
第一窯業試験場を有田町中樽に設置
昭和5年2月(1930年) 第二窯業試験場を塩田町馬場下に設置
(後に佐賀県窯業指導所に改称)
昭和30年12月(1955年) 出先機関の統廃合により、佐賀県窯業指導所を本場に統合
昭和43年4月(1968年) 佐賀県窯業試験場を、有田町田ノ平に新築移転
昭和59年4月(1984年) ニューセラミックス研究室を設置
昭和63年4月(1988年) 指導部・試験部を改め、陶磁器部・ファインセラミックス部とする
平成4年4月(1992年) 佐賀県窯業技術センターと改称
平成6年4月(1994年) 現在地に新築移転
平成21年4月(2009年) 企画総務課を設置
平成28年4月(2016年) 窯業人材課を設置
平成29年4月(2017年) 陶磁器部とファインセラミックス部を再編し、
技術開発課と事業デザイン課を設置
企画総務課を研究企画課と総務課に分離し、設置
ページトップへ
Copyright (C) SAGA CERAMICS RESEARCH LABORATORY. All rights reserved.